画像を取り込んでテーブルに保存し、アプリ上で利用するには?

テーブルのIDに対応した画像をアプリで呼び出したい場合

TULIPでは画像を取り込んで、テーブルに記録を残すことができます。テーブルに保存した画像は、テーブルの他の項目と同様に、アプリ上で利用することができます。ここでは、テーブルに画像を保存して、テーブルのIDごとに違った画像をアプリ上で使用する方法について解説します。

  1. テーブルに項目を作成する際に、「フィールドタイプ」で「画像」を選択します。
  2. テーブルを編集する際、「フィールドタイプ」が画像の項目については、右にアップロード用のボタンが表示されますので、ボタンを押して画像を選択します。これでテーブルに画像が保存されます。
  3. アプリにて、「テキスト>テーブルレコード」を選択します。(テーブルの要素がテキストか画像かにかかわらずこちらで取得できます)
  4. これで準備は完了です。レコードプレースホルダの設定、テーブルレコードのロードができていることを確認したうえで、テーブルの画像がアプリ上に表示されるかをご確認ください。レコードプレースホルダーやテーブルレコードのロードに関して不明点がある場合、こちらの記事をあわせてご確認ください。
    <レコードプレースホルダの設定>

    <テーブルレコードのロード>