TULIPにてテーブルのデータを選択肢の項目として使うためには?

TULIPにて、テーブルのデータをユーザーに選択させる際の項目(リスト)として使う場合の手順について解説します。ユーザーやユーザーの選択内容などに応じて選択肢を動的に変更できるので、アプリの幅が広がります。

テーブルのデータを選択肢にする場合、条件に合致する複数のIDの項目を一度に呼び出す必要があります。その場合は、「レコードプレースホルダ」ではなく、「検索」を使用します。テーブルをある条件であらかじめフィルタしておき、その結果を項目として使う事になります。
レコードプレースホルダなど、TULIPテーブルの使用方法の概要については、こちらの記事もご参照ください。

テーブルでの準備

  1. まず、あらかじめテーブルにて「検索」を作成します。上部メニューから「アプリ」>「テーブル」と移動してください。
  2. 「検索」をクリックし、「新しい検索の作成」を選択します。
  3. 「検索」を作成するための青いバーが表示されます。検索名を入れた後、「フィルタ」をクリックします。
  4. 「フィルタを加える」をクリックすると、フィルタを追加することができます。選択肢に必要な項目がすべて出てくるようにフィルタを設定してください。「集計」で一意の値にできるので、ここでは重複しても特に問題はありません。また、フィルタをアプリ側で必要に応じて動的に変更したい場合、「静的な値」を「アプリ・インプット」に変更してください。後でアプリの変数を使用することができるようになります。完了したら「保存」をクリックします。
  5. 次に、このデータを引き出すために「検索」の右にある「集計」をクリックします。
  6. 集計画面が出ますので、「エディットする」をクリックします。
  7. 「集計を付け加える」をクリックすると新しい「集計」を入力できますので、「名前」にはわかりやすいものを入れ、「計算」には「Unique Value」を入れます。フィールドにはデータを取得したいテーブルのフィールド名を選んでください。完成したら「保存」をクリックします。

アプリにテーブルの「検索」「集計」を紐づける

ここまででテーブル側の準備は完了していますので、アプリ側で「検索」「集計」を使用するための準備として、テーブルをアプリに紐づける作業をおこないます。

  1. アプリにて、左側の「レコード」タブをクリックします。
  2. テーブルが紐づけられていない場合は「データベーステーブルを付け加える」をクリックしてテーブルを紐づけます。すでに紐づいている場合、「検索」の右にある「+」をクリックします。
  3. 検索名を入力し、「検索」にて先ほど作成した「検索名」を選び、「付け加える」をクリックします。フィルタを作成したときに「アプリ・インプット」を選んでいた場合は、ここでフィルタとして利用する変数を指定します。
  4. 作成された「検索」の下にある「集計を付け加える」をクリックします。
  5. 集計名を入力し、「集計」は先ほどテーブルにて作成した「集計」を選択します。完了後「付け加える」をクリックします。

アプリで集計を利用する

ここまでで準備は完了していますので、アプリで「集計」を利用できます。選択肢の項目とする場合は以下を実施します。

  1. ウィジェットの選択画面から「入力>単一選択」をクリックします。
  2. ウィジェットを選択します。右側のウィジェットタブにて、「データソース」を変数にして、ユーザが入力したデータを格納する変数を設定します。
  3. ウィジェットタブの下の方に出てくる「OPTIONS」にて、「データソース」を「TULIPデータテーブル集計」にします。「集計」はアプリ上で入力した「集計」の名前を選びます。
  4. テーブルの項目が選択肢として表示されていることを確認してください。

まとめ

選択肢にテーブルのデータを使用することで、アプリの管理とデータの管理を分けることができます。マスタのデータが多い場合や追加・変更が頻繁にある場合などにお試しください。
「検索」にて「アプリ・インプット」を選択している場合は、指定している変数の値を変更した場合に、その場で選択肢が変わっていることが確認できます。
そのため、ユーザーごとに選択肢を変更したり、ユーザーが前に選択したものによって選択肢を変えることができます。

TULIPを使用すれば、アイデア次第で様々なアプリを作成し、現場の方が必要に応じて改善・変更していくことで、DXを推進することができるようになります。
ご質問等がございましたら、問い合わせフォームよりお問い合わせください。