マイクロメータ・ノギス測定

課題

  • 測定値を目視読み取り・手書き入力

→測定値の読み取り、記入ミスや作業効率の低下

  • 紙面でのデータ保管・管理

→データ検索や分析が困難、紛失・汚損リスク

 

TULIP導入内容

測定 → チェックシート(TULIPアプリ)への測定値自動記入 → データ保存

  • 測定値をワンタッチ入力
  • 同時に測定日時・作業者・型式などを紐づけて保存

TULIP導入効果

  • 目視読み取りや手書き入力の排除によるミス防止と業務効率化
  • チェックシートの保存・管理・pdf化などの事務作業排除
  • 必要時の検索時間削減
  • 統計的な加工のばらつきなどの分析による改善改良やPDCA活動の実現